name.png








■ ありがとうございました 2012.12.31

大晦日。
ここ数年年末にスケジュールを入れ過ぎて
年末らしい年末を過ごせていなかった。

でも今年はきちんと年末。
母のおせちの手伝いや、大掃除に洗車に年賀状。

あとは実家で紅白をみながら天ぷら年越しそばを頂いて、
近所の神社へ行き、たき火にあたりながら甘酒を飲み
年越しカウントダウンの予定。

唯一、年末らしくないこと。
来年にしようと思っていたのに、
近所の農協の年末売り出しにつられてキムチ用に買ってしまった
大きな白菜と大根。
ここ数日で、鮮度を失いつつあったので
渋々作り始めたキムチ作り。

で、このままのペースだと新年、超片付いた我が家は
超キムチ臭くなりそうだ。
すでに、ハズバントから苦情がきている。。。

こんな計画性のない私に今年もおつき合いくださった
皆さま本当にありがとうございます。
そして来年もどうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

_MG_2162.JPG
ついに備品も今月で販売終了となってしまった
プリントゴッコで年賀状作成中。
なんだか貴重になってしまったので、両面分をスクリーン一枚に作成。


■ もう12月 2012.12.14

11月末、フランスパンのサンドウィッチを食べていたら
上の前歯の横が1/4残して折れ
まるでドリフのコントみたいな笑い顔になった。

その翌日の夜からは、喉の痛みからはじまり、
頭痛、悪寒、発熱、吐き気、鼻水と風邪のフルコースを堪能。

で、時間が許す限り寝ていたら、今度は腰を痛めた。
久しぶりにかなり痛くて、歩くことはもちろん
寝返りもひと苦労。。。
動きが80代といわれながらも1週間ほどで回復。
そんな老け込んだ日々から解放されたらもう12月も半ば。

大きくなったもみの木に飾り付けをし、大きな靴下と
チョコレートが入ったカレンダーを壁にかけ
クリスマスソングをガンガンかけながら
リースとキャンドルスタンドを作る。

クリスマスには奇跡が起こることを願いながら。

_MG_1779.JPG
石化杉と山帰来で作った今年のリース

_MG_1794.JPG
リースの残りで作ったキャンドルスタンド


■ カマキリデジャブ 2012.11.20

夏もあった昆虫デジャブが秋にもあった。

去年の秋、家の駐車場のわきにカマキリが。
結局ひと月ほど、毎日のようにそこにいたカマキリさん。

今年も同じくらいの季節になったので、
また居ないものかと外出するたび気になっていたところ
今日、同じ所にカマキリが!

ちなみにもしや昨年と同じ方?!と
去年の写真データを見比べたけど、
どうやら違う方のよう。

チョッと残念。

2012_11_20.jpg


■ ストリート・エンジェル 2012.11.08

住んでいるところが数年前に政令指定都市になったため、
郵便番号と住所が変更&追加された。

それでも以前の名刺が大量に残っていたので
そのまま使っていたけど、いよいよ変えようと重い腰を上げた。
ホームページのトップ写真と名刺は同じ写真を使っていたので
今回も新しく作る名刺と同じ写真にトップ写真を変更。

この写真はロンドンで道に迷ったときに、道ばたにいた
小さな小さなエンジェル。

嬉しくなって小さくしゃがんで撮ろうと思った瞬間。。。
男性が横切り、蹴られて、上下逆さまになった。

そんな一枚。

meishi2012_s.jpg

この写真は今回作った小さい写真集「英国のお土産」の中にも入っている。



■ mount zine 4#2 2012.11.06

週末、mount zine 4のイベント会場へ。
入場に1000円払い、半分はドリンク
半分はZINEを購入する500円分のチケットとなる。

この500円分のZINEチケットシステムは良く出来ているな〜と。
会場で使わないと何の意味もないチケットとなるから
自然とどれにしようか吟味する。
で、どうせならこの会場で一番気に入った作品が欲しいと思うわけで、
自然と真剣に端から端まで1点1点全部チェックする。

お陰で私の作品もたくさんの方が手にとってくれていた。
ちなみに私はハズバントのチケットと合わせて
GEN MATSUDAさんの写真集「RED HUNTING」(1000円)を手に入れた。

_MG_0124.JPG
こんな感じで展示されていました

お忙しいなか会場へ足を運んで下さいました
皆さま、ありがとうございました。

mount zine 4 2012.11.02

明日から2日間「mount zine 4」イベント。
誰でも参加できるというオープニングレセプションに
合わせ明日17時過ぎから会場で他の方のZINEをみながら
ウロウロしている予定です。
ご興味ありましたら、是非のぞいてみて下さい。

※詳細は下のダイアリーをご覧下さい。

_MG_0079.JPG


■初! ZINE 2012.10.31

イングランドで撮った写真をまとめていたら、
丁度ZINEのイベントがあることを知った。

どうしても気になり、超バタバタしながらもどうにか参加できるよう
「英国のお土産」の写真集が昨夜完成。

ということで今週末の『mount zine 4』に
写真とちょっとだけテキストの「英国のお土産」ZINEを出します。

ご興味ありましたら、是非のぞいてみて下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日時:2012年11月3日(土)13:00-19:00(最終入場18:30)
   2012年11月4日(日)11:00-18:30(最終入場18:00)

会場:世田谷ものづくり学校 IID Gallery

詳細:http://mountzine.com/entry/detail.php
※入場料1000円(1ドリンクチケットと500円分のZINEチケット付き)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ZINEとは、表現したいものを「パッ」とまとめた
少部数の冊子ようなものを示すらしい。
私にしては、スケッチブックのような感覚のもの。

_MG_0072.JPG
できたてホヤホヤの「英国のお土産」 カラーP48 / 95x200mm / 800円
※イベント後ネット&店頭でも販売します。詳細は分かり次第アップします。

_MG_0069.jpg
ようやく今朝、郵送できた〜



■オリオン座 2012.10.22

週末、会社の旅行で清里へ行っていたハズバント。
「人生で一番星がよく見えた!
天の川も流れ星も沢山みえた!」と嬉しそうに帰って来た。

で、先程知ったニュースでオリオン座流星群がピークと言う。
なるほど、そういうことか。。。と少々悔しく思い、
そそくさと眠るハズバントを置いて、
三脚とカメラを持って近くのちょっと暗い場所へ。

さてと、三脚をたてようかと思ったところで気がついた。
オリオン座がどこだか知らないことに。。。

そんな私はもちろん、流れ星は見られなかった。

_MG_9900.JPG
結局、夜空を見ているうちにこのミラーを撮りたくなってしまった。
で、戻って調べたら、たまたまこの右側に写っていたのがオリオンだった。
流れ星は見られなかったけど、オリオンが写っていただけで
ちょっと嬉しくなった夜だった。


■ 秋らしく 2012.10.14

昨日は、吉祥寺の伯父の家へ。
イタリア帰りのいとことイタリア人のハズバントが作ってくれた
本場仕込みのイタリア料理を堪能。
もう「ヴォ〜ノ!!(イタリア語でおいしい〜)」と連呼しながら
動けなくなるまで頂いた。

で、今日は、イラストレータ玉置真理さんの
焼き菓子とイラストパッケージの「月と鍵盤」展へ。
ステキなパッケージに包まれた、吉田かおるさんの作った
美味しそうな焼き菓子を見ながらコーヒーを飲む。
そして思いもよらず山本愛香さんによるステキなトイピアノ演奏も堪能。

その後、いつも的確なアドバイスをくださる
写真家曽根陽一さんのこけら落としの「Streetgazer」展へ。
カッコイイ写真をみた帰り道は、いつもより少しシャッターを
押す回数が増える。

ということで、思いもよらず食欲と芸術に満たされた
秋らしい週末だった。

_MG_9723.JPG


_MG_9761.JPG
月と鍵盤展

_MG_9788.JPG
Streetgazer展


■ クリスマス準備#1 2012.10.12

デパートはハロウィンだけど、
我が家は、さらに先回りしてクリスマス準備。

ポインセチアにいわゆる短日処理というものをスタート。
一日大体13時間真っ暗い状態にするのだ。
そうすることで開花するらしい。
それまで60日前後続けなくてはならないので
早いようで実はギリギリ。

5年くらい前に手に入れたポインセチア。
小さかったものが毎年ドンドン大きく成長した。
お陰で以前はダンボール箱で覆うことができたのが
今ではどんな箱にも入らなくなってしまった。

ついに昨年、お手製の折りたたみ可能な箱?をつくり
家で仕事のときは、せっせと夕方5時には取り込み
朝8時まで真っ暗な状態を保っている。

昨年はさぼったお陰で、クリスマスはほぼ緑色で
来客にはにポインセチアって緑なんだ。。。と言われた。
今年は「らしく」なってくれたらいいな。

2012_1012.jpg
がお手製のポインセチア用折りたたみ暗室。
寒くなっても大丈夫なようにと保温シートでつくったらギラギラしてすごい存在感。



■ いい週末 2012.10.10

週末、7年ぶりに尾瀬へ。
たった一泊二日なのに、もっと長くいたような充実感で
いい週末だった〜。

自分で出したゴミは持ち帰り、宿では石けん類は一切使えない。
そうやっていると、こちらが自然の中へ
お邪魔させてもらっていることに気がつき、少し謙虚になれる。

そうそう、気にしていた寝言。
何も言わなかったようだし、
実はラッキーなことに個室になったのだ。

行きのバスも、3人バラバラの席だったのだけど運転手さんが
「後ろの一列にどーぞ」って気を配ってくれたし、
なんだか色々いい気分の週末だった。

ホントいい週末だった〜とひたっていたけど
・・・帰って2日過ぎてから財布がないことに気がついた。オソッ。
思い当たる全てと、疑い深くハズバントのリュックサックの隅々まで
3時間もかけて探したけど無かった。。。

最終的に駅とか警察署とかに問い合わせ、見つからないから
クレジットと銀行カードをとめる手続きを。
で、そこまでして思い出した、もう一ヶ所探していないことを!

そしたら、発見!発見!(涙)

とめてしまったクレジットカードは再発行で1260円払わなきゃいけないし
銀行カードを使えるよう窓口へ行かなきゃいけないし、
面倒だったけど、なによりあって良かった〜。

そして、やっぱりいい週末だったとシミジミ。

oze09.jpg
草紅葉でゴールド尾瀬ケ原。
まるで映画「風の谷のナウシカ」で青き衣のナウシカが
立っていた金色の野のようだった。

oze06.jpg
名前がかわいい「ヒツジグザ」

oze11.jpg
鳩待峠から尾瀬ケ原と歩くと下田代十字路の宿が見えてきた。
そこが一日目のゴール。

oze12.jpg
今回泊まった「尾瀬小屋」の下駄箱。
皆ちゃんとした靴できている。
気持ちのいい対応をしてくれるいい山小屋だった。

oze03.JPG
2日目は下田代十字路から尾瀬沼。
そしてバスが待っている大清水へ。

今度は山にも登ってみたい。
夏にも来たい。
テントで泊まってみたい。
オコジョもみたい。
もう少し長く滞在したい。
まだまだやりたいことが沢山の尾瀬だった。


■ 英語力 2012.10.01

英語が身に染みてきたと感じるときがある。

例えばお店などで「スミマセン」と謝るときに
つい「sorry」と言ってしまったとき。
ハズバントがいるときはまだいいけれど、
一人でのときにやってしまうと
カッコつけた女子のようで恐ろしく赤面してしまう。

ここ最近一番それを感じたのは、
英語で寝言を言っていたと指摘されたとき。
そこまで英語が染みているか〜とちょっと嬉しビックリ気分だったけど
はっきり寝言を言っていたという自分にはガックリビックリ。

来週は尾瀬へハイキング
紅葉の時期で山小屋は混んでいるからモチロン相部屋。
・・・頼むから、寝言は言わないでくれ。
まして英語では。。。と願うばかりである。

ちなみに私はこう寝言で言っていたらしい。

「No !! One hundred thirty!」

もちろん何の夢だったかなんて覚えていない。

2012_10_01.jpg
近所で見つけた小さな秋。
尾瀬では大きな秋に出会いたい。


前のページへ

次のページへ